豊胸のページ

豊胸って何?

簡単に言えば豊胸手術とは胸を大きくする手術のことです。

胸が小さい人はやはり何らかのコンプレックスを抱いている人が多いようで、豊胸手術を希望する人が多く見受けられます。女性の方にとって胸が小さい=「恥ずかしい」とか「自信を持てない」という意識がまだ残っているというのが現状のようです。

豊胸手術の技術が向上しています

技術の向上によって、豊胸手術の方法も大きく変わってきている状況があります。

現在一般的によく利用されるのがシリコンというものですが、これはシリコンを胸に直接埋め込むことで胸のボリューム感を増すことができるものです。

傷が残ってしまうのでは?と心配する人もおられるでしょうが、最近では技術の進歩によって、あまり目立たない手術方法に変わってきています。

入院が不要の豊胸

病院で手術をする時に入院が必要となれば何かと準備しないといけない物などもあり、費用もかかるでしょう。美容外科で豊胸手術を受ける場合にも、手術費用の他にも入院費用などが必要になってきます。

しかし、入院が不要である豊胸手術の場合には、気持ちの面において少し気楽に受けられそうですね。

以前からあるメスを使った切開が必要な豊胸手術方法以外にも、ヒアルロン酸を注射してボリュームを出す施術の場合は、注射だけですので他に切開など大がかりな手術は必要ありません。

施術方法によっても回復期間に差があり、入院が必要かどうかも変わってきます。美容外科でのカウンセリング時には、どのような施術方法にするかじっくりと相談するようにしましょう。手術後は普段から慣れ親しんだ場所でゆっくりと体を休める事ができれば嬉しいですね。

美容外科で行える豊胸手術

美容外科で行える豊胸手術といっても、さまざまな手法があります。たとえば、一つ目に脂肪を注入する方法があります。これは自分の脂肪を注入するため、自然な仕上がりなります。次に、シリコンバッグを入れる方法があります。

これは一度で確実に大きくなるので、とにかく大きくしたいという人におすすめです。また、他の方法としてヒアルロン酸を注入する方法があります。この方法の特徴は、傷跡が少なく短期ですむため、手軽に出来ることです。

そして最後に、バストを修整することもできます。これは乳首や乳輪の大きさなど、人それぞれの悩みを解消するのに向いています。このように美容外科では自分に合った豊胸手術を選ぶことが可能です。

豊胸をするための美容外科選び

豊胸をするために美容外科を選びたいけれど、どこのクリニックがよいのかわからないと悩んでいませんか。その場合にはカウンセリングが何度でも受けられるところや、夜11時まで営業しているところ、施術実績が数万件、ISO取得などクリニックの売りをチェックしてみることが大切です。

豊胸手術をするためには手触りを重視するのか、形を重視するのかなど細かい点について自分でも希望をしっかり確認しておく必要があります。ハイブリッド手術は10年以上持続するという効果が自慢ですが、最新の美容方法は常に更新されていますし、メンテナンスの面でも信頼できるドクターが必要になるからです。

美容外科のヒアルロン酸注入法豊胸のメリット

美容外科のヒアルロン酸注入法豊胸は、手軽にバストアップできる施術とされていて、体内にも存在するヒアルロン酸をバストに注入することにより胸を大きくすることが可能です。施術時間も短く、ダウンタイムも短いので体への負担が軽いとされています。

美容外科のヒアルロン酸注入法豊胸のメリットとして、一度の注入量を調節することにより、周りに気づかれないように徐々に胸を大きくすることも可能で、徐々にバストアップできるので、自分好みの大きさも把握しやすいのもメリットです。また、ヒアルロン酸は注入することにより短期間のバストアップが可能なので、短期間で大きな胸を手に入れたい時に試してみるのも手です。

美容外科で始める豊胸

美容外科では、外科手術を行う治療を主に行なっているのですが、美容皮膚科でも受けることができるような治療も行われていることがあります。豊胸施術に挑戦してみたいという場合、外科手術を行うシリコンバッグの挿入であれば、一回の手術で一気に大きいバストを手に入れることができるものの、ダウンタイムが続くので日常生活にも支障が出て他の人に分かってしまうことになります。

しかし、ヒアルロン酸注射であれば、家族にも気づかれないうちに自然に大きなバストにすることができ、日帰り利用でダウンタイムの心配も少なく安心です。

自分に合った豊胸術を選ぶ

美容外科で受けられる豊胸術はたくさんありますが、治療後に後悔しないためには自分の体型やライフスタイルに合った方法を選ぶことが重要です。例えば元が?せ型の体型の人が急激にバストアップをすると皮膚がサイズアップについていけず不自然に波打ってしまったり、見た目や手触りが不自然になりやすくなります。

そのためシリコンバッグを挿入したりヒアルロン酸などを注入する場合でも元のサイズから2カップ程度大きくするのを目安にしておくと良いでしょう。また、趣味や仕事などでちょうどよいと感じるバストサイズは人それぞれ異なるため、自分にはどれくらいのサイズが良いのかいろんな角度から検証した後に豊胸術を受けましょう。