豊胸

豊胸

シルエットが美しく、大きな胸になりたいと憧れる女性は多いでしょう。理想の胸になるために、豊胸手術を受けるという方法はもっとも効果を発揮しやすいでしょう。でも、手術って聞くと難しいのではないか、と疑いを持つ人もいます。先入観や自分の印象で手術は受けたくないという人もいるかもしれません。

しかし、方法によってはそんなに難しくない事もあります。現在では技術が進歩しているので、メスを使わずに患者の要望に答える手術もたくさん行われています。

特にヒアルロン酸を注射器で注入する方法は非常に楽に行えます。注射だけで理想の体型が手に入るのであれば、恐怖からも解放されます。

豊胸手術は恐ろしいものではなく、理想の自分に近づける優れたものと言えるかもしれません。

年齢を重ねていくと、重力に負けて胸が垂れてきます。

下着などで矯正することもできますが、豊胸手術は根本的に美しく大きな胸にする事が出来ます。自分の容姿に自信が持てない人でも、自信が持てるようになるかも知れません。

豊胸手術でもっと綺麗な胸を手に入れたいと願うなら、勇気を出して一歩を踏み出してみましょう。

ヒアルロン酸を注入する豊胸手術

バストが小さいと、好きな男性ができても積極的にアプローチできないという人もいます。 少しでもバストを大きくしたいので、豊胸手術をおこなう人もいますが、身体にメスを入れるのが怖いという人も多いです。 そんな人にむいている豊胸手術は、ヒアルロン酸を注入する方法です。

保湿成分であるヒアルロン酸をバストに注入する方法なので、メスを使わずにバストを大きくできるので、手軽で身体への負担が少なくてすみます。 費用もシリコンバッグを挿入する手術方法に比べると、かなりリーズナブルなので気軽に手術をしやすいです。 ただし、ある程度の期間が過ぎると、成分が身体に吸収されて元のバストに戻るので注意が必要です。

豊胸術の種類ごとの特徴

豊胸術は、バストのサイズを大きくするために行う手術療法で、美容外科などの医療機関で行われています。1950年代にシリコンジェルを皮下に直接注入するという方法で行われたのが最初で、それ以降年代を重ねるにつれて安全なやり方が次々と考案されています。

まず、シリコンジェルを直接注入する方法に次いで主流となったのが、シリコン製のバッグを胸に埋め込むという方法です。直接注入する方法よりも安全ですが、経年劣化するので定期的なメンテナンスが必要です。このために、現在では腹部などから吸引した皮下脂肪を胸部に注入するという方法の方が人気を集めています。

バストアップしたいときは美容外科で豊胸治療を受ける

バストアップサプリを飲んだり、毎日マッサージを続けても効果がないときは、美容外科で豊胸治療を受けるようにしましょう。コヒーシブシリコンなどのシリコンバッグを挿入すれば、体内で吸収されないので、半永久的にサイズを保てます。

また脂肪注入法なら、お尻や太ももの余分な脂肪を吸引してバストに注入するので、拒否反応が起こることがなく、部分痩せも出来るのが魅力です。ただし徐々に体内で吸収されるので、やがては元に戻ってしまいます。もっと手軽にバストアップしたいなら、ヒアルロン酸注射を受けると良いでしょう。長くても1年程度で体内に吸収されますが、定期的に注入すれば、大きさを維持することが出来ます。