役に立つページ

歯周病

あなたの歯は大丈夫!?
歯周病は歯の隙間から細菌が入り込み、知覚過敏などの原因にもなることで有名です。歯周病にならないためには、やっぱり歯磨きが大切です。

歯磨きを丁寧に行い、歯茎もしっかりケアすることで歯周病になりにくい環境へと導きましょう!

歯周病

歯周病とは、以前は歯槽膿漏といわれたもので、歯の周りの歯を支えている歯周組織が破壊される疾患です。歯周病(歯槽膿漏)は、虫歯と並ぶ歯科の二大疾患です。
40代を過ぎてから、歯を失う最大の原因にもなっています。

ほとんどの歯周病は、激しい痛みがなく、はっきりした自覚症状がないまま進行していくので、歯がぐらぐらしておかしいと気づいた時には、手遅れになってきます。治療としては、腫れや痛みをしずめて、歯石を取り除きます。

歯周ポケットの内側で炎症を起こしている組織を掻き出し、抗菌薬や抗生物質をポケット内に入れる薬物療法もよく用いられます。

これらの方法でも、取り除くことができない場合は、歯茎を切って組織を綺麗にした後で、歯茎を縫い合わせる歯周外科も行われます。